cox1

チーズにはアラキドン酸や乳酸菌が含まれている

現在のチーズは実に様々な種類が存在しています。
代表的なチーズの種類を挙げると、ナチュラルチーズ、プロセスチーズ、カッテージチーズ、クリームチーズ、とろけるチーズ、スモークチーズの6種類が挙げられます。
その中でもアラキドン酸を含んでいるチーズを選択すると乳酸菌だけではなく、アラキドン酸も同時に摂取できます。

アラキドン酸も乳酸菌も含んでいるチーズはクリームチーズやナチュラルチーズになります。
それぞれのチーズの特長を紹介したいと思います。
まずクリームチーズですが、ナチュラルチーズを練ってクリーム状にしたものとなっており、パンにつけて食べる方が多いとされています。
次にナチュラルチーズですが、こちらはそのままの意味で自然のチーズになります。
つまり、製造後に加工を行わず、チーズをそのままの状態で販売されるチーズとなっています。
加工を行わないので、品質などは一定ではありませんが、チーズを楽しみたいと思っている方は最適な物となっています。

しかし、クリームチーズもナチュラルチーズも栄養価が高い食品ですので、食べすぎには注意が必要です。
また高齢者の方がクリームチーズもナチュラルチーズを食べる場合はカロリー計算をしながら摂る事が大事です。
このようにチーズにはアラキドン酸や乳酸菌の両方を含んでいる物があるので、体の健康のためにも摂取していきましょう。