cox1

アラキドン酸が元気のもとといわれる理由は?

アラキドン酸は必須脂肪酸という私達の体に欠かす事が出来ない成分となっていますが、実は加齢と共にどんどん合成される量が減っていく成分でもあるんです。
平均的な年齢は60代から足りないという所まで減少していくので、年を重ねれば重ねるほど、しっかりと摂っていく必要がある成分がアラキドン酸になります。
そんなアラキドン酸が元気にしてくれる部分は脳で、認知症や物忘れの多くなると心配される60代からはさらに必要となる成分なんですね。

脳の健康を維持するためにどうしてアラキドン酸が効果的なのかというと、脳細胞の膜を作る重要な栄養素として働いてくれるからとなっています。
つまり、脳みそを構成している脳細胞を作るサポートをしてくれるので、脳の細胞の状態を新しい状態にする事ができるようになっているんですね。
脳が衰えずにいる事で、記憶力や学習能力が高い状態が保たれるので、60代という高齢になっても若い人に負けない脳を維持する事が出来ますよ。

これがアラキドン酸が脳を元気にしてくれるというメカニズムになるのですが、今の長生きをする人が多い時代には欠かす事が出来ない必須成分として知られています。
アラキドン酸の成分で元気な脳をしっかり維持しましょう。