cox1

アラキドン酸が体内に行き届いているメリットは?

アラキドン酸は肉や魚や卵などの食材に含まれているのですが、含まれている物がタンパク質系の食べ物が多くなっています。
そのためタンパク質を摂取する事は太るから食べたくないと考えている人は、なかなか摂取せずアラキドン酸が不足してしまう事態になってしまいます。
しかし、このアラキドン酸が体内に行き届いていると、新生神経を作る役目を担ってくれるので、記憶力や学習能力の向上や維持をする事が出来ます。

つまり、アラキドン酸の摂取をしないでいるという事は、どんどん脳の記憶や学習能力の役目を担っている神経細胞を減少させていくという事になります。
そうなると、60代以降で、認知症の症状がみられるようになったり、物忘れが多くなったりという事を見かけるようになります。
そのため、アラキドン酸は60代以降のあまり肉や魚を食べない年代の方に欠かす事が出来ない成分となっています。

このようにアラキドン酸が体内に行き届くようになる事で、脳の働きをしっかりとサポートしてくれるようになります。
若い年齢の方は肉や魚などを摂っている方が多いと思いますが、年を重ねるとどうしても魚や肉を食べなくなるので、脳の健康にために摂っていきましょう
そうする事でいつまでも健康的な脳を維持する事ができるようになりますよ。