cox1

生卵一つに含まれるアラキドン酸のおよその量は?

アラキドン酸が含まれているイメージが高い食べ物として挙げられるのが肉と魚だと思います。
しかし中には、肉にも魚にも油成分があるからちょっとと思われる方がいらっしゃいます
そんな方はヘルシーな料理方法で対応できる生卵を摂取して摂取する方法があります。

生卵に含まれているアラキドン酸の量は種類ごとに分けると以下の通りになります。
ニワトリの生卵1個に含まれる量は86ミリグラムです。
ウコッケイの生卵1個に含まれる量は112ミリグラムです。

生卵1個にこのように沢山の量のアラキドン酸が含まれています。
これは生卵なので、卵つけご飯や牛丼の生卵載せなどで食べるだけでもアラキドン酸を摂る事が出来ます。
さらに、生卵という形であるならば、卵ドリンクという卵だけで作成したドリンクからも摂取する事が出来ます。

生卵は苦手と思われる方は、ゆで卵にして食べるとおいしく食べられると思います。
ちなみにニワトリの卵をゆで卵にした場合のアラキドン酸の量ですが、80ミリグラムと約6ミリグラム減少しますが、生卵に近い形で摂取する事が出来ます。
このように生卵には沢山のアラキドン酸が含まれているので、毎日の生活の中で1個でも摂取していくとしっかりと成分を摂る事が出来ますよ。