cox1

アラキドン酸が注目される理由とは

まず、アラキドン酸は私達の体に必要な必須脂肪酸ですが、加齢と共に減少する成分なんですね。
減少する具体的な年齢は60代からとされており、60代からどんどんアラキドン酸が作成されないとなっています。
ではアラキドン酸が減少するとどうなるかいうと、脳の健康維持ができなくなり、血圧や免疫系等の機能が正常ではなくなります。

ではアラキドン酸としての効果はどうなるかというと、脳に対しての健康維持や血圧や免疫系等の機能を支えるという事になっているんですね。
そのため、私達の生活に置き換えると、記憶力や学習能力の向上や維持、血圧が高血圧や低血圧にならないように調整、免疫能力が正常になるように働きかけるといった働きを期待できます。
こういった効果の元は生体調整ホルモンとなっており、その生体調整ホルモンの材料になっているのがアラキドン酸になります。

また生体調整ホルモンの分泌は胎児や乳幼児の成長に欠かす事が出来ない成分となっているので、出産を控えた主婦の方に特にかかす事ができない成分となっています。
加齢による減少を対応するためにもしっかりとアラキドン酸を体内に取り入れていきましょう。
そうする事で健康的な体を維持http://www.exopoliticsradio.com/wakasawoiji.htmlする事が出来ますよ。