cox1

トロンボキサンはアラキドン酸から合成

トロンボキサンの成分はトロンボキサンA2とトロンボキサンB2の2つに分かれますので、その詳細から説明します。
まずトロンボキサンA2の成分の働きになりますが、血小板凝集作用と血管や気管支収縮作用を私達の体に齎してくれるんですね。
つまり、血小板で傷口を塞ぐための作用を施したり、血管と気管の収縮する作用を齎して、血液などが通過しやすい環境を作ってくれます

次にトロンボキサンB2ですが、こちらはトロンボキサンA2にH2Oが1分子付加された状態になっているんですよ。
作用としてはトロンボキサンA2と同じですが、分子構成が違うために2つに分かれます。
このようにトロボキサンは2つの成分として産出されて、2つ纏めてトロボキサンと呼んでいます。

そして、このトロボキサンはアラキドン酸カスケードが代謝をして産出される形になっているんですね。
つまりアラキドン酸が齎すアラキドン酸カスケードの働きを持ってトロボキサンは生み出される形になっています。
この情報からしてもトロボキサンを産出するアラキドン酸が重要な成分という事が分かります。
アラキドン酸を摂取してしっかりとトロボキサンの成分を算出できるような環境を作っていきましょう。